上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『夫婦善哉』織田作之助(新潮文庫)
 織田作之助は今までまったく読む機会がなかった。
 なんとなく坂口安吾と同じ系統でちょい下くらいのイメージを勝手に作っていたのだ。 無頼派、というひとくくり。 
 読まず嫌いはよくない。
 面白いなあ。
 素晴らしい短篇集。
 おしなべて文章のスピードが速い。
『夫婦善哉』なんかはまるで『族長の秋』くらい速い。
 ただ、小説としては『木の都』や『世相』、『競馬』といったものがうまくておもしろい。
『木の都』や『世相』は私小説風に作り上げたかっこいい短篇。
『競馬』は嫉妬とギャンブルという無関係にみえるものをうまくつなげている。
 競馬好きにはほろりと来る。
 オダサクをもう少し読みたいな。
夫婦善哉 (新潮文庫)夫婦善哉 (新潮文庫)
(1974/03)
織田 作之助

商品詳細を見る

 
 
スポンサーサイト
2008年12月12日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://thelonggoodbye.blog96.fc2.com/tb.php/137-5be85fdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。