上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖一気読み』「百万人の源氏物語」委員会 編(集英社新書)
 源氏物語はいつか読みたいと思って、最初は谷崎訳を購入したが挫折。
 次に与謝野晶子訳を購入したがやはりだめ。
 あらすじ本的なものを何冊か読んで準備したこともあった。
 橋本治『窯変 源氏物語』もとりあえず買いそろえているのではあるが、これは手つかず。
 今回、『寂聴と磨く・・・』は軽い気持ちで読むことにした。
 ぱらぱらめくっていると瀬戸内寂聴がインタビューで答えていたり、けっこうらくに読めそうな本だったから。
 そもそもラジオ番組をもとに作られた本で、瀬戸内寂聴に近藤サトがインタビューする部分と、国文学資料研究館長の伊井春樹氏が解説する部分に分かれている。
 読んでみると伊井春樹氏のあらすじ、解説の部分が読みやすく、源氏物語全体の「物語」がわかりやすく把握できて、はじめて源氏物語の全体像がわかったように思う。
 腑分けのような解説ではなく、あくまでも物語に寄り添った語り口で、源氏物語を読み終わったような勘違いに陥るほどだ。
 長編小説を読み終わったあとの感動に近いものがあった。
 そろそろ源氏物語が読めるだろうか。
寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖一気読み! (集英社新書 470F) (集英社新書)寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖一気読み! (集英社新書 470F) (集英社新書)
(2008/11/14)
「百万人の源氏物語」委員会

商品詳細を見る

 
 
スポンサーサイト
2008年12月10日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://thelonggoodbye.blog96.fc2.com/tb.php/136-c974ef83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。