上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
 アーサー・C・クラーク『都市と星』(酒井昭伸訳 ハヤカワ文庫)
 不快なことは除去され、誕生や死も完全に管理された都市ダイアスパー。
 特殊な生い立ちを持つアルヴィンはダイアスパーから外に出ようとする。
 ダイアスパーは村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の「世界の終り」の街の原型のように思いながら読んだ。
 前半はダイアスパーの仕組みが精緻に描かれる。あまりに何も起こらなすぎて世界がスタティックにならないように道化(トリックスター)までもが仕組まれた都市。
 完全すぎるゆえに不自然なこの都市の秘密を暴くのがアルヴィンだが、当初はこの主人公が少し尊大な若者で思い入れができなかった。
 のちのち彼がさまざまな事件を通して成長してゆく教養小説にもなっているのだが。
 アルヴィンが地球のもうひとつの都市リスにたどり着き、そこから話は全宇宙的に大きく展開するが、私は話があまりにでかすぎて少々ついて行けなくなった。
 話としてはおもしろいが、『星をつぐもの』と違って自分のことのようにリアルにどきどきする感じがない。ストーリーの進め方が少しおおざっぱすぎるような。
 このへんは趣味の問題なのだろうけど。
都市と星〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF ク) (ハヤカワ文庫SF)都市と星〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF ク) (ハヤカワ文庫SF)
(2009/09/05)
アーサー・C・クラーク

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2012年02月17日 | | TrackBack:0 | | | Top↑ |
 ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』(創元SF文庫)
 2028年頃の話。月の洞窟で人間の死体が発見されたが、それは5万年前の死体だった・・・
 おそらくSF必読書の基本中の基本ですが、読んでませんでした。
 始まりは月面の場面。ここに登場する「彼」と巨人コリエル。二人が誰なのか、もっとあとに分かってきます。
 物語の中心となるのは天才的な研究者ハント。
 そして既成概念にとらわれているようにみえる生物学者ダンチェッカー。
 発見されてくる様々な遺物から二人が人類や月の成り立ちについて推理していきます。
 この小説はSFなのに考古学、歴史学的な興味をかき立てます。
 考古学的で推理小説でSF小説。
 未来から一気に過去に時間を遡行していく感覚。
 タイムマシーンでラスコー洞窟の絵を描いている場面に立ち合ったような驚きを与えてくれます。
 ちょうど、山賀進『地球について、まだわかっていないこと』(ペレ出版)をぱらぱらめくっていて、月が地球への原始惑星の衝突によって生まれたという「ジャイアント・インパクト」説や、地球の生物がなんども絶滅したりしたことを改めて知ったところだったので、「人類はどうやって生まれてきたのか」「月はどうして地球の衛星なのか」といったテーマに強く惹きつけられました。
 壮大なほら話ですが、決してあり得ないことではない、と思ってしまうのです。
星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る

 


 
 
2012年02月16日 | | TrackBack:0 | | | Top↑ |
 谷岡一郎『SFはこれを読め!』(ちくまプリマー新書)
 そのタイトルどおりSF必読書のブックガイド。
 三人の会話の形式で、いくつかのテーマごとにSFが紹介されていきます。
 読みやすくて一時間足らずで読めます。
 本の面白さを伝えようとしてくれるのに加えて、その小説に乗っかって著者の考え方などがちょいちょい出てきます。そのたびなんとなくお説教を聞かされている気がしました。
 よく見ると裏表紙にはこうあります。

SFは、科学を通じた現代社会への賛歌である。
テーマ別のオススメ本を通じて、
社会とは何か、生命とは何か、人はどう生きるべきか
などについて考えてみよう

 この本の主旨がそういうことなのでしかたないです。
 私はSFに限らず、小説を読むということは、小説を読む以上のことではないと思います。
 どう生きるべきか、なんて考えるのはまた別の話ではないでしょうか。
 
 ただ、SFは作者や読者の意図はともかく、大上段のテーマを盛り込みやすく、また読み取りやすいジャンルではあることは間違いなさそうです。

 巻末のブックリストはたいへん役に立ちます。
 理科系の基本的なこと(潮汐力とか)がわかりやすく説明されていて、勉強になりました。
SFはこれを読め! (ちくまプリマー新書)SFはこれを読め! (ちくまプリマー新書)
(2008/04)
谷岡 一郎

商品詳細を見る



 
2012年02月12日 | | TrackBack:0 | | | Top↑ |
 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』『溜息』『退屈』『消失』『暴走』『動揺』『陰謀』『憤慨』『分裂』『驚愕』(角川スニーカー文庫)
 今さらですが10日間くらいで一気に読みました。
 読みやすさのもとは文体にもありますが、キョンの視点から書かれているということにあります。
 キョンは決して普通の高校生ではありません。
 村上春樹の初期の小説の「ぼく」が普通の社会人ではないのと同じくらいに。
 ハルヒたちが起こす事件への巻き込まれ方が抜群にうまいのです。
 めんどうなことはいやがりながらも最終的には自ら決断し、責任を取ろうとする。
 結局作中人物のみならず、読者である私もキョンに共感することになっていきます。
 だいたい私自身が振り回されるという点でキョンと似ているから勝手に共感している部分もあるのですが。 
 最近のSFとかラノベには疎いので時代錯誤な感想になりますが、私には『時をかける少女』の世界と地続きであるように思えました。
 恋愛をしているわけではないけど決してその方向に行かないあたりの雰囲気。

 いろいろあってしばらく本が読めない状態が続き、読みやすそうなこのシリーズを手に取ったのですが、おじさんでも充分はまります。
 キャラが立っているし、展開も大がかりだし、こりゃ受けるわ、と納得しました。
『分裂』と『驚愕』の間が四年も空いたとのことで、この点だけは遅れてきた読者でよかったと思います。
 きっと筋を忘れてしまいます。
 そしてブックリストマニアとしては長門有希の100冊も気になるところ。
 http://nagatoyuki.info/?%C4%B9%CC%E7%CD%AD%B4%F5%A4%CE100%BA%FD
 登場人物では当然長門、といいたいところですが振り回されるのが嫌いじゃないのでハルヒで。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流

商品詳細を見る

 
 
2012年02月08日 | | TrackBack:0 | | 未分類 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。