上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『シェイクスピアのたくらみ』喜志哲雄(岩波新書)
 シェイクスピアをきちんと読んだりしたことはないように思う。
『ハムレット』は読んだような気もするが、『ロミオとジュリエット』や『マクベス』といった有名どころはたぶん読んでいないし、芝居も見ていない。
 教養として知っておかなければいかんのう、と思いつつ、教養のために本を読むのもめんどくさくてそのまま来てしまった。
 この本はシェイクスピアの戯曲が、現代の世間一般で捉えられているようなものではなくて、もっと深い、あるいは別のアプローチで書かれたものだ、ということを解説している。
 だが、私はシェイクスピアの戯曲自体をきちんと知らないので、結果的にこの本は各作品の概説をしてくれるという意味で有用な本ということになった。
 いまさらながら『マクベス』は読んでみることにしよう。
シェイクスピアのたくらみ (岩波新書 新赤版 1116)シェイクスピアのたくらみ (岩波新書 新赤版 1116)
(2008/02)
喜志 哲雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2008年05月18日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。