上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『ナイフ投げ師』スティーヴン・ミルハウザー 柴田元幸訳(白水社)
 ミルハウザーの本は何冊か買ったが、読み通したのはこの本が最初だ。
 どうして読み通すのが難しいかというと、文章が濃密だということだろう。うまくそのリズムに入り損ねると読めない。
 しかし嵌ってしまうと脱けられない。
 柴田元幸は「訳者あとがき」でこう言っている。
 ミルハウザーを好きになることは、吸血鬼に噛まれることに似ていて、一旦その魔法に感染してしまったら、健康を取り戻すことは不可能に近い。(p277)
 ようやく、というか、残念ながら、嵌りましたね。好きになりました。
 日常を乗り越えて特殊な世界に行ってしまう人や物についての短編小説。
 特殊なことであり、それはなにかの比喩に見えるのだが、決して比喩ではない。
 つまり、かなり特殊な人間をめぐる物語が、かなり特殊な文章で語られているにもかかわらず、作者はあたかも、ほかに語るべき人間などまったくいないかのように、そしてあたかも、ほかに採るべき語り方など全くないかのように書いている。(「訳者あとがき」)
 なにかの比喩で書かれた小説など、たぶんおもしろくない。
 逆説的だが、特殊なことを特殊に書くから、たぶん普遍的になるのだろう。
 12編からなる短篇集だが、私は遊園地が発展(と読んでいいのか分からないが)するところまで行ってしまう『パラダイス・パーク』がすごすぎると思った。作りものが現実を超えてしまう。それは表題作の『ナイフ投げ師』や『新自動人形劇場』、それに百貨店が行くところまで行ってしまう『協会の夢』も同じテーマだが、リアルと悪夢の境みたいなものが今の私にはとても興味深いのである。
スポンサーサイト
2008年01月24日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『となりのカフカ』池内紀(集英社新書)
 聞いたことのあるタイトルだな、と思って考えていて、ひとつはとうぜん『海辺のカフカ』なのだが、もうひとつは『となりのトトロ』だったのね。
 この本はカフカについて知るための「初級クラス」の本だという。しかし、密度が濃くて、じゅうぶんにカフカのことを知ることができる。
 カフカって、小説を読んで感じるよりずっとまともな、しかもふつうの人だったのだなあ、と思う。いろいろ悩んでいるし。
 カフカはとても優秀なサラリーマンだった。保険会社に勤めていて、よくしごとができた。
 カフカは父親とうまくいかなかった。
 カフカはオートバイやら機械が大好きだった。
 カフカは健康ランドに行っては恋に落ちていた。
 カフカは好きになった女性に、しつこく手紙を書きまくった。まるでストーカーのように。なんで返事をくれないのだ、とまで手紙を書いて。
 カフカは意外と遊び人だった。
 カフカはユダヤ人だったが、ちょうどユダヤというものがヨーロッパで特異に見られる直前に生きていた。
 カフカは終生独身だったが、女性とはけっこうつき合ったし、婚約もしたりはした。破棄したけど。小説を書きたかったから結婚を選べなかった。
 カフカは日記に小説の断片を書いた。
 この本を読み終わると、完全にカフカのことが好きになった。
 似ているなあ、文学的な情熱と才能を除けば。あと、優秀なサラリーマンであるところも違うか。
 厳密に言うとみな違う。
 だけど、ある意味とても現代的な男だったのだ。
 カフカより長生きしてしまったよ。
カフカ
となりのカフカ (光文社新書)となりのカフカ (光文社新書)
(2004/08/18)
池内 紀

商品詳細を見る
2008年01月24日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。