上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『カント『純粋理性批判』入門』 黒崎政男(講談社)
 数年前に読んだ、というか途中で放り出してしまった本に再度チャレンジしてみた。とても読みやすい本なので、放り出してしまったのは当時はきっと気分が乗らなかったのだろう。 『純粋理性批判』という本もたぶんこれから死ぬまでに読めるのかどうか分からないけれども、この本を読むと何となく勇気が湧いてくるようだ。ピンポイントで解説しているので全体像はわからないが、エッセンスらしきもの、原本を読むに当たっての心構えみたいなものはキャッチすることができたように思う。
 このあいだ、友だちと色について話をした。例えば信号の赤、青、黄色。私はその色が分かるし、相手もその色は分かる。しかし私にとっての赤と、相手にとっての赤はまったく同じように見えているのだろうか。それは絶対に確認することは出来ないよね、というどうでもいい話。そんな話が導入部にある。

  リアルだと考えていた世界。世界が緑だから、世界は緑に見える。このような実在観は、通常、哲学の世界では、「素朴実在論」と呼ばれている。しかし、見る側の条件によって世界のあり方そのものが変化するのだとしたら、世界は、本当に、私たちに先立ってリアルに存在しているのだろうか。(p24)

かと言って、世界が存在するのは心の中だけである、というような観念論に傾いたとしても、それはまったくリアルさに欠ける。実在論と観念論をどのように統合し解決するか。
  この問いに対して、私が理解したことはこうだ。

  つまり、誤解をおそれず、カントの基本的な立場をラフに述べれば次のようになる。
 1.主観が世界を成立させる。
 2.その世界は物自体の世界ではなくて、現象の世界である。
 3.現象の認識は客観的だが、物自体についての認識は主観的なものにすぎない。(p30)    この一見パラドキシカルに見える発想が、どのようにして可能となるのかについて、『純粋理性批判』の全思考が費やされたのである。(p30)

 「物自体」とは、ものそのもののことであり、それが何かによって認識されようとしたり、近くされようとすることとは〈無関係〉に、つまり、他とは関係なく、それ自身で存在しているような状態のものである。

   「現象」とは、私たちの近くや感性的直感の対象となるもの、であって、それは〈物自体〉とは、画然と区別されるが、しかし、それでも、客観の内容を表しているもの、とひとまずはまとめることができる。(P52)

  常識では、正しい認識とは、事物の姿を、主観を交えずありのままに受け取ること、と思われている。しかし、カントが『純粋理性批判』で明らかにしたのは、〈あるがままの事物〉をとらえられると考えるのはおろかな妄想に過ぎず、認識は徹頭徹尾、主観的な条件で成立しており、そのことによってのみ、認識は客観性を有する、という主張なのである。
  つまり、素朴にありのままを認識しようとすれば、それは主観的なものとなり、逆に、世界は主観による構成物だと考えることで、初めて客観的認識が成立する、というパラドキシカルな主張こそ、『純粋理性批判』の根源的なテーマなのである、と。(p105)

読んでいるときは理解していたつもりだったが、書き写しているとどうもおぼつかなくなってきたなあ。とりあえずメモとしておきます。すみません。オチなし。
カント『純粋理性批判』入門 (講談社選書メチエ) カント『純粋理性批判』入門 (講談社選書メチエ)
黒崎 政男 (2000/09)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007年10月31日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『人生の短さについて』セネカ 茂手木元蔵訳(岩波文庫)
 ちょいと疲れ気味で、うまくまとめる自信がないので、思いついたことを箇条書きにしときます。
・三つの文章が入っている。『人生の短さについて』『心の平静について』『幸福な人生について』
・表題作がいちばん面白い。
・紀元50年頃に書かれているが、ほとんど今の日本で通用する文章。比喩やら論理はまったく古びていない。西欧的な思考が普遍的なのか、それとも今の私たちの思考があまりにも西欧的なもののうえに成り立っているからか。よくわからない。
・快楽よりも徳を追究しなさい、という主旨。ストア派。欲を捨てなさい、という仏教の考え方とよく似ているような気がするが、これは本当に思いつき。
・快楽が自分の主人になってしまってはいけない、自分が快楽を飼い慣らさなくてはいけない。たぶん、そのとおり。
・しかしそのためにはいったいどうすればいいのか。よくわからない。
・セネカ自身も努力目標だ、と言っている節があり、その辺がけっこう救われる。自分自身がきちんと出来ていないから、そう言い続けるんだ、というのはよくわかる。悟り開いた人が上から言うよりは説得力がある。
 
 印象に残った文章を引用しておきます。

 われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである。われわれは人生に不足しているのではなく濫費しているのである。(p10)
 生涯をかけて学ぶべきは死ぬことである。(P22)
 将来のことはすべて不確定のうちに存ずる。今直ちに生きなければならぬ。(P28)

 ストア派というと快楽を悪と見ているみたいに思っていたけれども、むしろよりよく、というかおいしく、充実して生きるためには目先に快楽に惑わされたらかえって損だよ、と言っているように思う。死後の幸福、なんてことを言わないので、宗教よりもはるかに生きるための指標としては有効なのではないだろうか。
人生の短さについて 他二篇 (岩波文庫) 人生の短さについて 他二篇 (岩波文庫)
セネカ (1980/11)
岩波書店

この商品の詳細を見る
2007年10月23日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『退屈論』小谷野敦(河出文庫)
 「人間の不幸は、自分の部屋にじっとしていられないことだ」(パスカル。本書p228)

 小谷野敦といえば著者には申し訳ないような気もするがやっぱり『もてない男』だが、私はむしろ『バカのための読書術』を読んで、ああ確かにわたしゃ歴史のこと知らないねえ、歴史の勉強をしなくちゃいけないなあ、と思い、その本で勧められた司馬遼太郎やらの本を買いあさったことのほうが重要だ。
 さて、この本だが、内容については野崎歓の解説で、ある程度アウトラインが書かれているので、本文からと取り混ぜて引用する。

 私が言いたいのは、「遊びが大切だ」とか「快楽を肯定せよ」とか言われると、もうごく単純な疑問が湧いてくる、ということなのである。それはつまり、
「飽きないか」
ということなのだ。(p13)

(前略)「飽きないか」の問いは反転し、人間はそもそも最初から、飽きていたのではないか、と問い直される。脳が発達し知能が高くなる課程、つまり進化の道筋において、人は必然的に退屈と出会った。幻滅し、うんざりし、飽き飽きするという経験を、進化の「代償」として積まざるを得なくなったのである。そうした見取り図の上に立って、著者は「壮大な仮説」を「炸裂」させる。つまり「退屈」こそが人間をして恋愛、セックスに走らせ、物語や小説に向かわせ、多種多様な遊びに救いを求めさせ、さらには聖なるものや宗教、カルトへと没入させるのではないか、というのだ。(p240解説)

 これが著者の言う「唯退屈論」である。あまりにも簡単に要約されてしまっているが、この仮説を豊富な文献に基づいて立証、展開させていく。霊長類学を援用したところはどうも仮説のうえに仮説を立てているようでいまいちぴんと来なかったが、例えば「唯退屈論」からちょっと外れたこんなところはとってもおもしろい。

 だが、小説の面白さ、文藝の面白さとは、何であろうか。(p139)
 さて、よく考えるなら、このように日常を描いた小説を面白がれるためには、人の世というものがどういうものか、現実に即して知っている必要があるということだ。(p140)
つまり人は、自分自身が経験を積むに従って、その経験の中から取り出された要素を再構成した物語に関心を持つようになるのである。(p141)

 ある本を再読して、全く印象が変わってしまう、というときがある。テキストは当然変わっていないのに、だ。変わっているのは自分だが、自分の経験した人生によって読後感は当然変わってしまう。特に『細雪』やジェイン・オースティンの小説(読んだことないけど)といった日常生活を細々と描いた物語は、誰でも引き込まれてしまう冒険小説や活劇系とは違って、年を経た大人の方が退屈しないで読める、というわけだ。
 で、仮説に戻って、現代の先進国で「退屈」にどう向かいあうか。

 退屈は、先進諸国共通の問題である。しかし、日本人の、退屈から逃れようとする悪あがきの凄まじさは、世界一ではあるまいか。いったいこんなに大量の雑誌が必要なのか、いったいこんな狭い国土にこんなにクルマが必要なのか、そしてなぜ日本では東京という首都にこんなに人が集まるのか。(p215)

それに対する答え。

 もっと退屈な社会を作ってもいいのではないか。このまま、高度経済成長期のような、あるいはバブル経済の頃のような意欲促進型の社会行動を続けていても、人々は刺激の「無間地獄」に陥るだけである。それなら、無駄な活気促進の努力をやめて、生活レベルを下げ、不必要に動き回ることをやめ、低成長型の社会に変えて、それに慣れるようにしたほうがいい。(p216)


 このあと冷暖房とかクルマの規制とか携帯電話を高校生に持たせるな、といった具体論が書かれているが、それについてはよくわからない。だが、考え方としてはとてもよくわかるし、いいな、と思う。ネットとかテレビとかでこれだけ刺激を受け続けていると、走り続けていないと死んでしまうような変な焦燥感にとらわれてしまう。だけど中世、とまで行かなくても戦後あたりまでの田舎を想像してみるに、ほんとにやることもなく生きていたんだろうな、という気がする。やることがなくて気が狂いそうだ、というけど、気が狂った人はいるんだろうか。まあ、いるかも知れないけど、追いまくられて気が狂うのとだらだらとして気が狂うんだったら、私は後者の方がいいな。ただ、実際にどうやってそういうペースをつかんで生きていくのか。それは世界全体がシフトチェンジしないとけっこう難しい。
 ただ、著者は現代社会自体が「理性に隅々まで統御された退屈な理想社会」にはなりきっていない以上(そんな社会はあり得ないが)、退屈だから何とかそれに対処しようとする前に、まだまだ個人としてやることがあるんじゃないの?と言う。そして退屈だから、大きな理念を振り回す人間のいわば「運動」に乗って行ってしまうことを危惧する。

 身の回りの小さな不条理をまず何とかしようと考えること、そして理性を働かせること、その上で、対処しようのない事柄、あるいは「退屈」については「あるがまま」に任せるのだ。2002年1月1日の『朝日新聞』は「スローな社会」についての見開き特集を組んだが、日本社会はもっと速度を落とすべきである。退屈のあまり、ラディカリズムの煽動に乗ってはならない。(p221)

 ラディカルな意見はとてもわかりやすく、魅力的なので簡単に乗りやすい。退屈に厭く心はぎゅっとわしづかみされてしまうことが多い。だけどそういう考えってちょっと怪しんだ方がいい。こういう意見に賛成してしまう私は意外とずいぶんと保守的だったんだなあ。
退屈論 (河出文庫 こ 11-1) 退屈論 (河出文庫 こ 11-1)
小谷野 敦 (2007/10)
河出書房新社

この商品の詳細を見る
2007年10月16日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『走ることについて語るときに僕の語ること』村上春樹 文藝春秋
 村上春樹が自分が走ることについて書いた本だというので、村上朝日堂などのエッセイの流れに属するものだと思って軽い気持ちで読んでみたのだが、意外とそうではなくて、ちょっとした小説の手応えのあるものだった。
 村上が2005年の11月のニューヨークシティマラソンに向けてする準備の話を軸に、いままで走ることがどういう意義を持ってきたのか、例えば小説との関連性は、と言ったことをかなり明確に書いている。

 僕はこれまでに旅行記やエッセイ集はいくつか出しているが、このようにひとつのテーマを軸にして、自分自身について正面から語ったという経験があまりないので、それだけ念を入れて文章を整えなくてはならなかった。
 
 僕はこの本を「メモワール」のようなものだと考えている。個人史というほど大層なものでもないが、エッセイというタイトルでくくるには無理がある。前書きにも書いたことを繰り返すようなかたちにもなるが、僕としては「走る」という行為を媒介にして、自分がこの四半世紀ばかりを小説家として、また一人の「どこにでもいる人間」としてどのようにして生きてきたか、自分なりに整理してみたかった。(p236「後書き」)


 神宮球場でヤクルト-広島戦を見ているときに、村上春樹は小説を書こうと突然思った、というよく知られたエピソードもとても具体的に書かれている。

 小説を書こうと思い立った日時はピンポイントで特定できる。1978年4月1日の午後一時半前後だ。その日、神宮球場の外野席でひとりでビールを飲みながら野球を観戦していた。(中略)安田は1回の広島打線を簡単に零点に抑えた。そしてその回の裏、先頭バッターのデイブ・ヒルトン(アメリカから来たばかりの新顔の若い外野手だ)がレフト線にヒットを打った。バットが速球をジャストミートする鋭い音が球場に響き渡った。ヒルトンは素早く一塁ベースを回り、易々と二塁へと到達した。僕が「そうだ、小説を書いてみよう」と思い立ったのはその瞬間のことだ。晴れ渡った空と、緑色をとり戻したばかりの新しい芝生の感触と、バットの快音をまだ覚えている。そのとき空から何かが静かに舞い降りてきて、僕はそれをたしかに受け取ったのだ。(p45)

 ヒルトンは内野手じゃなかったかな。まあそれはともかく、それまでジャズ・クラブを経営していた村上はこの日から『風の歌を聴け』を書き出す。ジャズ・クラブの経営についても具体的な話が出てきて、それはまるで『国境の南、太陽の西』の主人公を思わせる記述で、どきどきした。村上春樹は自らのいくつかの事実をエッセイなどで明らかにしてきたけれど、ここまではっきり書いている文章というのはたぶん初めてで、いつもどおり読者へのサービスは忘れていないのだけれど、それにしてもエッセイとは違う重みを感じる。老年にさしかかりつつある村上が自分の過去を真剣に、きちんと整理しようとしているのがありありと分かるのだ。しかしそれでありながら単に走ることについての雑感を書くのではなく、ニューヨークシティマラソンへ向かって着々といろんな準備を重ねていくことを記述しながら、過去について思いを寄せるという形式が単なるエッセイとは呼べないものにしている。
 それにしても、長距離を走るための準備、そして長距離を走ることによる肉体及び精神の組成の変化、といったことをアスリート視点でここまできっちり書いた本はないのではないか。私はこれを読んでもまるで長距離を走るという気は起きないが、走ることによって生活全般が変わってしまうだろう、ということは想像できる。最近たまに朝1時間ほど早足で散歩をするようになったけれど、それだけでもずいぶん身体の成り立ちが変わった気がするもの。
 小説を書くことと走ることの連関については何度も言及している。

 僕自身について語るなら、僕は小説を書くことについての多くを、道路を毎朝走ることから学んできた。自然に、フィジカルに、そして実務的に。どの程度、どこまで自分を厳しく追い込んでいけばいいのか?どれくらいの休養が正当であって、どこからが休みすぎになるのか?どこまでが妥当な一貫性であって、どこからが偏狭さになるのか?どれくらい外部の風景を意識しなくてはならず、どれくらい内部に深く集中すればいいのか?どれくらい自分の能力を確信し、どれくらい自分を疑えばいいのか?もし僕が小説家となったとき、思い立って長距離を走り始めなかったとしたら、僕の書いている作品は、今あるものとは少なからず違ったものになっていたのではないかという気がする。具体的にどんな風に違っていたか?そこまではわからない。でも何かが大きく異なっていたはずだ。(P114)

 正直言うと、この本を読んでまるで長距離を走る気が起きない、というのは嘘だ。確かにこの本には長距離を走ることのつらさやある種の無意味さなどが書かれているけれど、それにもかかわらずこんな私でも走りたくさせてしまう。村上春樹の本を読んでパスタを食べたくなったり、ボブ・ディランを聴きたくなったりするより、もっと根源的な誘惑だ。うーん。だけどねー。
 
走ることについて語るときに僕の語ること 走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹 (2007/10/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
2007年10月15日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『ヴェネツィアに死す』マン 岸美光訳 (光文社文庫)
 学生の頃に新潮文庫で『ベニスに死す』を読み、そのあとヴィスコンティの映画を見た。老人が少年に恋して死んでいく、という筋しか覚えていなかったが、映画で夏の海岸で老人が白いスーツを着ている姿が印象に残っていた。
 友人は少年を追い求める老人のシーンしか出てこないこの映画を早送りで見たと言い、それじゃあもったいないぜ、と私は説教したものだが、思い起こすと私も映画を観ている間は眠気をこらえていたように思う。光文社文庫で新訳が出たので久しぶりに読んでみたが、それはやはりある種退屈なものに違いなかった。そもそも訳者の解説すら次のように始まる。

 長年仕事一筋、律儀に働いて初老を迎え、ふと旅心に誘われ、出かけた先で恋に落ちる。忘れていた胸の高鳴りに驚き、喜び、混乱し、一度は抵抗してみるもののそれが恋だと認めてからは破滅の道をまっしぐら。--こう書いてみるといかにも安直なテレビドラマの筋書きのように思えます。舞台はヴェネツィア、海と陸が交わり、東洋と西洋が出会い、傲慢な精神と官能の美が抱き合う迷宮と仮面とアバンチュールの町。恋した相手が美少年だというのはスキャンダルでしょうか。少女漫画の世界で美少年の同性愛がうける今日、物語の世界ではそれはもうスキャンダルとしての起爆力を持ちません。場所とモチーフの選択は、基本の筋書きを深めるというより、むしろ陳腐でチープな印象を付け加えます。書かれてからほぼ一世紀を経て、この物語は今日急速に古びつつあるように思われます。(p150)

こんな解説を読むと急速に読む気をなくしそうだ。もちろん解説は続いて、この小説にはホメロスやプラトンが巧みに引用され、神話的な世界に導いている、と教えてくれるわけだが。それにしてもホメロスやプラトンのことがあまり分からない私にはやはりちょっと難しいところもあり、若い頃ならすっ飛ばして読んだだろうが、けっこう几帳面に読んでみた。したがって短い小説だが読むのに時間がかかった。本筋とは関係ないところが面白かったりして。
 主人公のアッシェンバッハは五十歳を過ぎた小説家で、しかも国民的大家だ。マンがこの小説を書いたのが37歳のときで、すでに作家としての名声は手にしており、彼自身の一部分を当然モデルとしているのだろう。面白かったのはアッシェンバッハの生活を描いた部分。

 四十歳、五十歳は普通他の人なら浪費し、浮かれ騒ぎ、大きなプランの実行を平気で先延ばしする年齢なのだが、彼はその年で決まった時間に胸と背中に冷水を浴びて一日を始め、銀の燭台に日本の高い蝋燭を立てて原稿の先に起き、睡眠で養った力を、厳密細心に集中した朝の二、三時間、芸術に捧げたのである。(p20)

このへんの記述はまるで村上春樹を思わせる。村上春樹も朝5時に起きて数時間を小説の執筆に当てている。あとは走ることで身体を鍛えているらしい。不健全な精神は健全な肉体に宿る、と村上は言うが、たぶん継続して小説を書いていくためには、規則正しい生活は不可欠なのだろう。このへんは大きなプランの実行を平気で先延ばしする私は反省するところである。
 で、旅に出たアッシェンバッハはホテルでポーランド人の美少年タッジオに出会い、恋をする。そしてタッジオからインスピレーションを得て散文を書く。

 その数時間、彼はブラインドの下の粗末なテーブルに向かい、偶像を目におさめ、その声の音楽を耳に聴きながら、タッジオの美に従って小さな評論を、--あの一ページ半のより抜きの散文を書いたのである。(中略)不思議な時間だった!妙に神経を消耗させる努力!精神と肉体の奇妙な生産力に満ちた交わり!アッシェンバッハが仕事を片付けて浜辺を離れたとき、彼は自分が疲労困憊し、ガタガタになっているのを感じた。そして放蕩の後のように、良心が悲鳴を上げているような気がした。(p92)

このあたりはマンの小説家としての秘密みたいなものがそのまま出ている部分だろう。社会的に認められない欲求や無意識的な性的エネルギーが、芸術的活動・宗教的活動など社会的に価値あるものに置換されること(「広辞苑」)、すなわち昇華について書かれているわけだが、その内実というのは実のところまったく性的なものであるのだ。常に日常の欲求を昇華しているわけではないにしても、これでは小説家をはじめとした芸術家はひどく疲れそうである。
 さて、ヴェネツィアにコレラが流行し、おそらくはアッシェンバッハはそれに罹患することで死んでいく。海岸のタッジオを椅子に座ってみながら死んでいくラスト。

 男の頭は椅子の背もたれに預けられて、遠い彼方を歩む少年の動きをゆっくりと追っていた。この瞬間、その頭が起こされた、いわばその視線を迎えようとするように。そして胸に垂れた。そのため眼が下から見上げる形になったが、その顔は深いまどろみの、萎えて内部に落ち込んだ表情を示した。しかし男は、青白い愛すべき魂の導き手があの遠い向こうから自分に微笑みかけ、手招きをしているような気がした。魂を導くものが、腰から手を離し、遠い外を指さし、多くのものを約束する途方もない空間の中に、ゆっくりと先頭を切って動いていくような気がした。そしてこれまで何度もそうしたように、その後に着いていこうとした。(p148)

難しいけど美しい文章。恋に溺れながら死んでいく彼は決して滑稽ではない。髪の毛を染めたりして若作りをして死んでいく彼を笑うことが出来ないし、むしろそうやって死んでいくことが幸せさえ思える。あらすじだけ聞けば滑稽な悲劇だが、少年愛、ニーチェ、アテネの風景などがちりばめられたイメージがいつのまにかこの短い小説を神話的なところへ持って行っているのだ。すみません。解説の受け売りです。
 大江健三郎が誰かに、小説を勉強するのであればトーマスマンの短編を読みなさい、と言われたエピソードを語っていたことがあったが、この小説も読み返すと確かにうまい。今度はマンの短編集を読んでみよう。







ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫 Aマ 1-1) ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫 Aマ 1-1)
マン (2007/03)
光文社

この商品の詳細を見る
2007年10月14日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。