上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『株式会社という病』平川克美
 書店でタイトルが気になり、ぺらぺらとめくったら、その文体に引き込まれてするっと買ってしまった本。
 私は勤め人だが、最近、会社で働く、ということはいったいどういうことなんだろう、と何の役にも立たない、しかし原理的な悩みを持っていた。と書くとかっこよさげだが、要はどうして毎日会社へ行かなくてはいけないんだろう、というどうでもいい疑問を抱いていた。
 まえがきでやられた。

 思想が思想たり得る条件とは何か。それは、どのような問題にも明確に答えうるような処方を持っていることにあるのではなく、この世の中に生起する様々な問題を、特殊な人間によって、特殊な状況の下で引き起こされたものだといった対蹠的、診断的な処理をしないということであると私は思っている。対蹠的、診断的な処方は、個別遂行的な課題には何らかの効用があるだろうが、習慣を超え、言葉を超え、思考の枠組みそのものを超えて、人性に爪跡を残すことはできない。それは問題を発見したり、解決したりしたのではなく、ただ整理したにすぎないからだ。思想が思想たり得るためには、いかに特殊な事象に見えようが、そこから人間全体の問題につながる普遍性を取り出せるかどうかということであり、そこにこそ思考というものの全重量がかかっている。(p10)

かっこいい。わかりやすい柄谷行人。これはオウム事件の問題をどうとらえるか、ということについて述べている部分だが、ここにはずうっと私が抱えていた「感じ」について言葉にされている。例えば少年が実の親を殺害した事件などがあると、新聞やらテレビは、少年の「心の闇」なんて表現を使って、結局事件は特殊な環境に育った特殊な人間により行われた特殊なものであって、私たちには理解できないし関係ない、というスタンスで報道するたびに、私はずうっと違和感を抱いていた。それをきちんと言葉にしてくれている、この本は信用できる、と感じた。
 で、「株式会社という病」とは何か。

 私は、会社の「内部」を貫徹しているものの考え方というものが、私たち個人の考え方や、渡世の常識といわれるものと齟齬をきたし、ときには倒立したものとなっているということに、会社というものの本質的な特徴があるのではないかと思っているのである。(p18)

不二家の事件やライブドアの事件、これらがオウム事件と同じように特殊な個人=経営者によって引き起こされた、と考えて、問題を整理して、はい終わり、というのは簡単だ。しかし、むしろ株式会社というかたち自体がこういう事件を起こす必然性を持っているとしたら、どうか。勤め人である私たちが例えばとても倫理的な人間であったとしても、会社という中で組織として行動するときに場合によっては全く逆の非倫理的な行動を取ることが、むしろ会社の倫理としては倫理的に行動することになってしまう、ということだったら、どうか。勤め人にとって、自分の考えが組織の考えと相反する、なんてことはあまりに自明すぎて、何も感じなくなっているのが事実だ。

 どこまで行っても会社の目的とは、利益を最大化するということになる。本質的には会社にはそれ以外の目的は存在していない。そして、その目的は私たち人間の目的でもある。ただし重要なことは、会社にとっては、それが唯一の目的であるが、人間にとってはいくつかある目的のうちのただ一つでしかないということである。(p97) 

 ひとが、不条理と知りつつこの「会社の命令」に従うのは、利益の最大化をどのようにして合理的に達成してゆくのかという会社の命題に、不思議なことにほとんどの場合、喜々として従うからである。それは、人間というものが一つの目的のために、いくつかある他の目的を見ないようにするということである。(p97)

 共同体の価値観が、自分個人の価値観と明らかに異なっている場合においても、自分がそこに帰属している限りは、その価値観から自由になれない。人間はひとつのフレームワークの中にいるとき、そのフレームが作った言葉で思考し、そのフレームが作った価値観でものごとを判断している。そのとき、そのフレーム自体は見えていないのである。人間が組織の価値観に支配されるとは、こういうことだ。(p100)

やっぱりかっこいい。そのうえぞっとする。そしてこの本でたぶん最も重要なのはここだ。

 教会が呪術的な力を持つように、会社もまた呪術的な力を持っている。いや、人間は自分たちが作り出し、支配していると思っているものによって、支配されるというパラドクスのうちに生きているのである。自分たちが作り出したものとは、すなわち貨幣、法、国家、そして、株式会社といったものである。(p107)

なんか書き写しているだけで自分が頭がよくなったような気もするが、まあそれはどうでもいい。
 結論めいたものとして、株式会社の病の根源は所有と経営の分離ということにあるという。

 さらに言えば、株主は、会社が道義的であるか、倫理的であるかということにかんして、本当は興味がないというべきだと思う。それでも、会社は時価総額が上がることを望んでいる。私はこの株主と会社との間に存在する共犯関係を「病」と呼んだのである。(p147)

著者はだから、株式会社という制度なんか廃止してしまえ、社会主義化しろ、などと言っているわけではない。なぜなら、かれも資本主義の中で生き抜くビジネスマンだからである。しかし、常にこの「病」が株式会社に宿命的に存在することを自覚して生きていくことと、そうしないことは全く違うことなのだろう。自分の視線のフレームが自分では自覚できない、ということを常に考えながら生活することはつらそうだが、たまには根源的な問いっぽいことを立てるのも必要なことだ。
 この本には、私の原理的な悩みとやらの答えは載っていない。むしろそのことゆえにすばらしい。自力で考えるしかないのだし、断定的なことを言う人ほど信用できない人はいないから。

 大人の選択とは、いつも物事には極端な両論の中間に、様々な色合いを持った意見があり、正しい選択というものはないかもしれないが、いつも最悪の選択を避けながら試行錯誤を続けるしかないということを知るということである。それが、現実と対話をしながらものごとを進めてゆく態度であり、かれの前に真相は、極論と極論の中ほどに現れるのである。(p224)








株式会社という病 株式会社という病
平川 克美 (2007/06)
エヌティティ出版

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007年07月17日 | Comment:0 | TrackBack:1 | | | Top↑ |
『読む人間』大江健三郎
 大江健三郎は私にとってもっとも思い入れのある作家だ。ほとんど文学というものに触れていなかった私が「文学」を読んでやろうじゃないか、と思って手に取ったのがなぜか大江健三郎『ピンチランナー調書』だった。どうしてこの本を読むことになったのかまるで覚えていない。ただ、私が思っていた「文学」とはまるで違うもので、びっくりした。そして私は大江の小説やエッセイをひたすら読みまくったのだった。
 いろいろ大江の本を読んでいてわかったことは、この人は異常に本を読む、ということだった。おそらく私が本を読む、というのとはまるで性質の違う行為なのだ。大岡昇平の『成城だより』という日記にも、大江健三郎の読書量に感嘆していた一節があった。何でも読んでるんだな、と。
 この本は大江健三郎が講演で自分と読書について語ったものだ。
 その中で、『新しい人目覚めよ』という小説にも出てくる、しかし実際にあったらしい挿話が語られる。障害のある息子と台風が来ている最中伊豆の山荘に二人で行った。しかし停電で何も見えない。やることがないので酒を飲んでいる、という状況。

 そのうちに-本を読むことはできないんです。暗いし、もともと私は酒を飲むときは本を読まないんですよ。たいていの人がそうでしょうが-退屈なものだから、自分が覚えているブレイクの何行かを声に出してみることにした。酒を飲みながら思い出して、ブツブツ言う。(p114)

この挿話は障害のある息子と夢についてが主題なのだが、私は退屈だからウイリアム・ブレイクの詩を声に出してみる、という発想がないな、というところに驚いてしまった。きっと同じ状況であれば、うだうだいろんなことを考えて、そのうち酔っぱらって寝てしまおう、としか考えないだろう。この人はほんとうに本が好きなんだ、私とはまるで質が違いすぎる。
 いつかは大江健三郎くらいに本が読めるようになるのだろうか、と思っていたが、もはや私は私のペースで私なりの位置づけで読書を続けていくしかないのだろう。
 
 この中で大江は外国語の原書と翻訳書を見比べながら読んでいくことの効用を強く言っている。自らの初期の小説、『奇妙な仕事』がガスカールというフランスの作家の原書と翻訳をそれぞれ比較して読み進めることで、あの文体ができたのだという。

 まず最初は翻訳を、線を引いてがっちり読む。二番目は、線を引いたところを原文に当たって、一つずつ読んでゆく。それから三番目に、それがほんとうにいい本ならば、そしてもう1か月時間をかけていいというような時であれば、これだけのことをやったあとで原書を最初から読み通してみる。それがrereadingとしていちばんいい進み行きです。(p43)

 外国語と日本語とのあいだを自分で往復する。そうやって言葉の往復、感受性の往復、知的なものの往復を味わい続ける作業が、特に若い人間に新しい文体をもたらす、と私は考えています。(p70)

まあ、もう若くもないんだけれど、がんばってこういう訓練はしてみたい、と思い始めた。もうちょっと早く言って欲しかったな、という気もするけど。
 それからサイードの著作は気になっていながらまだ読んだことはなかったが、読んでみたくなった。読みたくさせるような講演である。ついでにダンテについての研究書も(p136)。これはきっと読めなそうだが。英語なので。







読む人間―読書講義 読む人間―読書講義
大江 健三郎 (2007/07)
集英社

この商品の詳細を見る
2007年07月13日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『白川静さんに学ぶ漢字は楽しい』小山鉄郎

 これは、漢字が持つ体系的なつながりを明らかにして文化勲章を受けた漢字学の第一人者・白川静さんに、漢字の成り立ちや体系を楽しく教えてもらった本です。
 毎回、白川静さんに直接取材して、漢字の成り立ちを一つ一つ教えていただきながら、共同通信社の企画として全国の新聞に「白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい」を連載してきました。その連載中、反響も大きく、単行本かを望む声が多く寄せられました。このような要望に応えるため、連載企画をもとにして、全文を書き下ろしたものです。(「はじめに」)

この本を知ったのは以前BSブックレビューで紹介されていたからで、私は白川静の名は知っていても興味がなく、漢字にも関心がなかった。これだけ自分でも漢字を使っているのに。誰が紹介していたのかは忘れたけど、とても面白そうだったのでとりあえず手に入れてみたのだった。 

 漢字は前記したように約三千二百年前、中国の安陽(河南省)に都した殷王朝が、卜いに用いた亀の甲羅の腹や牛の肩甲骨に文字を刻した甲骨文字が始まりです。(「はじめに」)

そんなことを習ったかもしれない。忘れたなあ。白川静さんはこの漢字の起源を研究し、漢字学を打ち立てたのだという。
 で、例えば「右」という漢字の成り立ち。「右」「左」に共通の「ナ」の部分は手を示している。で、「口」の部分は何か、というと髪への祝詞を入れる箱であるサイのことなのだそうである。 

 つまり「右」は右手で、この祝詞が入った器サイを持って祈る形の字です。(p11)

このことが一目瞭然である古代文字が書き添えられているので、いきなり引き込まれてしまう。
 普段使っている漢字に何千年も昔の思いや歴史が封入されていると思うと、吸い込まれるような気にもなるし、漢字の持つ力に少しおそれを感じたりもした。
 実際、ここに出てくる漢字の成り立ちにはけっこうおどろおどろしいものがある。
 例えば「真」。真実とか純真とか、この漢字にはいいイメージしかなかったが、実はこんな漢字。

「真」(眞)の旧字は、「匕」と「県」とでできた字です。匕はその古代文字を見ると、人が倒れた形をしていて、人の死を意味しています。(中略)
 次に「眞」の字のうちの「県」の部分です。この「県」の旧字形「縣」をみると、「キョウ(引用者注:パソコンに漢字なし。「県」の足の部分が「く」が三つ並ぶ)」と「系」で作られています。実はこの「キョウ」という字は、人の首を逆さまにかけている形で、「くくく」の部分は髪の毛が下に垂れ下がっている形を示しています。「系」は紐のことです。だから「縣」は、木に紐で首を逆さまにぶら下げている形で、「かける」の意味があります。(中略)
 「匕」は死者のことであり、「県」は首の転倒形ですから、この「眞」は顛死者、横死者、不慮の災難で行き倒れとなり死んだ人を示す文字です。死者は、それ以上は変化しないので、永遠のもの、真の存在として「まこと」の意味となったのです。(p164)

したがって、眞を含む文字にはこの怨霊をおそれ、鎮めることに関連した意味を持っている字が多いのだという。難しい字もあるが、見慣れた字としては「鎮」や「慎」などがそうだ。
 こういう話を聞くと、漢字が怖くなってくる。で、こういう謎解きってけっこう好きだったりするので、少し嵌ってしまう。
 白川さんは一方で、漢字が戦後当用漢字が発表されていくつかの漢字が改変されてしまったために、本来の意味が分からなくなってしまったことを批判している。
 「害」という字について。害という字のうかんむりの下の部分の縦の線は、旧字では一番下の横の線を突き抜けて、「口」に届いていたのだそうだ。知らなかった。この「口」は「右」の「口」と同じで、祝詞の入った器であるサイを表している。一方、サイの上の部分は大きな取っ手のついた針なのだ。したがって、針でサイを傷つけて、その効果を失わせて、その祈りの効果の実現をじゃまするのが「害」という字なのだそうだ。しかし新字では白川さん曰く「無害の字」になってしまっている。
 日本語は変化していくことに私自身はけっこう肯定的だが、漢字についてはこれはこの起源を使わないのはもったいないぞ、という気にさせてくれた本だった。もう少し白川さんの本を読んでみたい。







白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい 白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
小山 鉄郎、白川 静 他 (2006/12/18)
共同通信社

この商品の詳細を見る
2007年07月12日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『今日の芸術』岡本太郎
 岡本太郎といえば、私たちの世代では「芸術は爆発だ」と本人が叫ぶ(叫んではいないな、しかし話す、というのでもないし)テレビCMのイメージが刷り込まれており、したがってわけが分からないことが書いてあるという先入観があったが、決してそんなことはない。というよりもあまりにも論理的で、かつわかりやすい本であった。
 書かれたのは1954年だから、戦争が終わってまだ10年経たない頃のことだ。その中で岡本は新しいということのすばらしさを全面的に掲げる。そして、芸術は常に新しくなければならない、と言い続ける。

 芸術は創造です。だから新しいということは、芸術における至上命令であり、絶対条件です。(p59)



 この流行の「創造」と「模倣」の二つの要素が、時代をすすめているのです。だから芸術の新しさを「あれは、たんなる流行だ。うわついた思いつきだ」といって敬遠することはまちがいであり、時代おくれになることです。(p68)

こう言うことを言われると、だいぶ年を取ってきたわたしとしては何となく耳が痛い。流行というものをそれがファッションであったり歌であったりしても、非常に気にしているにもかかわらず流行に興味を持つことが自分が「うわつい」ているような気がして、斜に構える傾向があるので、逆に流行というもののプラス面を見ていくべきなのかもしれないな、とやや反省したりした。
 で、芸術における「新しさ」の重要性について説明したうえで、岡本太郎は次のように宣言する。

 今日の芸術は、
 うまくあってはいけない。
 きれいであってはならない。
 ここちよくあってはならない。(p98)

つまり、逆の「うまい」「きれい」「ここちよい」というのは既成の概念に寄りかかっているだけのもので、それは所詮「芸事」にすぎないという。そしてセザンヌやゴッホ、ピカソの例を引いて、彼らが現われたときはうまくなく、きれいでなく、ここちよいものではなかった、ということを説明してくれる。時代を経て彼らがうまく、きれいに、ここちよく描いているように見えるだけなのだ、と。
 これってけっこうすぐ力になるアドバイスではないだろうか。自分が心地よいものをつい作ってしまう。しかしそれを破壊して見慣れないものにしていく。私が昔大江健三郎に凝っていた頃、大江がロシアフォルマリズムの「異化」という概念をしきりに使っていたのを思い出した。







今日の芸術―時代を創造するものは誰か 今日の芸術―時代を創造するものは誰か
岡本 太郎 (1999/03)
光文社

この商品の詳細を見る
2007年07月12日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。