上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
『嵐が丘』E・ブロンテ(鴻巣友季子訳)
 ようやく読み終わった『嵐が丘』だが、私が本を征服した、というよりは、本に呑み込まれた感じ。こんなにすごい小説だったんだ、と改めて思いました。詳しくは訳者の解説がおもしろいのだが、その解説「『嵐が丘』という永遠のスフィンクス」はいくつかのまとまりになっていて、そのタイトルを書いておくと
1 『嵐が丘』とリアリティ
2 語りのスタイルと構成の魅力
3 ずば抜けたカメラワーク
4 ネリーという触媒(エージェント)
5 コントラストとシンメトリー
(以下略)
 特に2と4については先にも触れたとおりで、この構成のおかげで読み進められた部分が大きい。しかもネリー、ロックウッドという二人の聞き手(語り手)がいることで、モノローグから脱していることから、小説に奥行きというかある種「わからなさ」ができている。これがよい。
 また、ネリーの触媒、つまり観察者でありながら関係に関与してしまうという立場とは、読んでいると思わず「おいおい、やり過ぎだぜ」とか「なんでそんなことするのかなあ」とか突っ込みたくなる思慮のなさがあったりして(実際に本に「おいおい」って書き込んでしまった)、それによって私はますます引き込まれていくというもの。まさに「ネリーとはけだし偉大な発見だった」。
 解説で改めておもしろさが分かったのは5で、シンメトリーにしようという試みが端々に行き届いていて、特に象徴的なのは登場人物の相関図(家系図)がきれいにシンメトリーになる。その計算があざとくない。小説内の感動とむしろシンクロしているのだ。
 そしてヒースクリフ、という悪魔のような人間。これを仮に私が書こうとでもしたならば、底の浅い悪か、結局ほんとはいい人でした、みたいなかたちにしか書けなかっただろう。だが、最後までヒースクリフは謎であり、しかもそれにもかかわらず最終的にどこか(俗っぽくいえば天国か地獄かキャサリンか)へ近づき喜びを感じていく。かれがどこへ向かい、何から喜びを得ているのか言葉で正確に理解できないが、明らかに私は納得させられていた。ここで答えを言葉で出すことはむしろ簡単そうだが、誤ったやり方にちがいない。小説の総体で答えを出しているから、頭と言うよりは身体で私は感じているのだと思った。それがずしっと腹に来る。
 とにかくすげえ。こんな小説が1847年に書かれていたんだなあ。
 
スポンサーサイト
2007年03月26日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『嵐が丘』E・ブロンテ
 今読んでいるのは新潮文庫の鴻巣友季子訳『嵐が丘』。『現代小説のレッスン』で水村美苗の『本格小説』について評論されていて、ついでにそのもとネタである『嵐が丘』についても触れられていた、というのが読むきっかけ。『現代小説のレッスン』の『本格小説』の評論でいちばん面白かった部分。

「本格小説」=近代小説の語り手は、前近代の物語、例えば『三国志演義』や『水滸伝』みたいにそこへ講釈師が公然と姿を現しストーリーの展開を豪快に、暴力的にブン廻す─それこそ関羽が青龍刀を、張飛が蛇矛をブン廻すように─のではなく、また登場人物たちの振る舞いを受動的に観察=記述するのでもなくて、控えめな観察者でいながら同時にストーリーを盛んに煽り立ててやる存在でなければならない。(p220)

 この煽り立てる者の典型が『嵐が丘』の女中であるネリーである、とし、その語り口を多層化しているのが『本格小説』なのだという。『嵐が丘』はたぶん十数年前に読んだはずだが、構造についてなんか考えずに読んでいた。ということで、とりあえず新しい訳でもあり読み直しているわけだけど、端的におもしろいし、読みやすい。まだ三分の一くらいだけど、確かにネリーは煽情しているなあ。要は第一の語り手(嵐が丘の近くに引っ越してきたロックウッドさん)にネリーが昔話を聞かせる、という形式なんだけれども、この「語り」の構造が自然と読ませる。結局読者はロックウッドさんと同じ位置に置かれてネリーに話を聞かされているということになる。しかも、ネリーは第三者ではなく、さっき言ったようにヒースクリフやら主要登場人物に絡んでいき、観察者のわりに結果的に重大な役目を演じている。それが切実感を与えている。読みやすさ、読みにくさというのはひとつには小説の構造が大きく作用するということがいまさらながらにして分かりました。とりあえず楽しみつつ、もう少し読んでみましょう。
 
2007年03月23日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『ラカン 鏡像段階』福原泰平
 ラカンとりあえずの区切りをつけるべく取り組んでみた。この本も昨年途中まで読んだ形跡があるが、挫折している。しかし今回はさすがに三冊読んできているだけに、ある程度は分かりながらぎりぎり読み終わった。特に『ラカン』(フィリップ・ヒル)に助けられた部分が大きかった。少し馬鹿にしていたがすまん。
 何度も同じことを表現を少しずつ変えながら書かれているようで、冗長な気もするが、これもラカン的なのか。
 人間は生まれ落ちたときに、本来の自分を失い、その代わりに言語(象徴界)を受け入れた。したがって主体なんてものはないんだが、それをずっと求め続けていかなければならない。象徴界を受け入れ損なう(去勢を受け入れ損なう)と、精神病になってしまう。
 というふうにまとめると、あまりに元も子もない、というか、まとめきってもいないような気もするが、そんなところか。
 
 主体は自我という幻想の中に眠り込んでいてはならず、幻想の場所から目覚めて、自らそれがそれであったところの場所へと向かわなければいけないと(ラカンは)いう。(p233)
 
 精神分析とはたぶんそのためにあるんだろうなあ。精神分析を受けないとしても(たぶんしばらくは受けないと思うけど)、「自らそれがそれであった場所へ向か」う努力はしていかないといけない。そのかたちは精神分析だけではなくて、いろいろあるはず。ただ、それは自分探し、といわれているのとはちょっと違う。あれは結局どうやって社会で生きていけばいいのかという仮面探し、自我探しであるにすぎないんだろう。もうすこし根源的で、しかも出会ってみると身も蓋もないような、自分の場所。それをさがして、きっと見つかることはないのだろうけど、その運動の中で自分の限界やら身の丈やらを確認していく作業。それを私も続けていかなければならないんだろう、と漠然と思いました。あまり唯物論的ではないな。
 
 とりあえずラカンはしばらくお休み。また機会があったら戻ることにします。
2007年03月21日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『ラカン』フィリップ・ヒル
 一度書店でぱらぱらめくったんだけれども、つまらないイラストやらコラージュやらが貼り付けてあり、よくある哲学の入門書みたいなやつだと思い入手しなかった。しかし『ラカンの精神分析』にほぼ挫折してしまい、『ラカンの・・・』の著者が訳していること、Amazonでは斎藤環の本より良い、みたいな評価だったのでとりあえず読んでみた。まあ、こんなもんだろう、という感想。濃密さでは『ラカンの・・・』には当然かなわない。文章は易しいが、イラストがうっとうしい。不要だと思うよ、ラカンとかフロイトの顔は。ただ、キーワードを主体に書かれた本なので、ラカンの概要を知るにはある程度便利だと思った。いずれにせよ、ラカンはむずかしい。そしてフロイトをきちんと知らないといけない。フロイトについては体系的に読んだことがない、という重大な弱点がある私。ただ、以前の梅田望夫氏の言葉のように水を飲みたいように本を読んでいる私としてはフロイトまで行っちゃうとちょっと疲れちゃうなあ、という気もしています。
2007年03月18日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『ラカンの精神分析』新宮一成
 この間読んだ『生き延びるためのラカン』、そして『極太!!!思想家列伝』の流れから、ラカンについてある程度もう少し勉強したいと思い、この本を読んでみた。というか、この本にチャレンジするのは通算三度目。最初は数ページで挫折。二回目はたぶん去年読んでみた。最後まで読んだ形跡がある。しかし全く分からなかった。そして今回。これまた最後までボールペンで読んだ足跡を付けておいたが、最後の方はかなり適当に読み飛ばした。だけどAmazonではかなりわかりやすい、と高評価なんですよね。
 ただ、三度目にしてある程度分かってきたことがある。それはラカンは思想家、というよりは精神分析家なんだ、ということ。あたりまえですが。しかしこれはおそらく読む方の構え方として思想家だと思って読むとだめだ、ということがある。思想の本だと、どんなにもったいぶった言い方だとしても、また、論理がぐちゃぐちゃだったとしても、まず自分の思考のかたちを何らかの体系に沿ったかたちで本にしてある。ラカンは違って、実際の精神分析の症例を基に自らの考え方を提示する。そしてその考え方をまた症例により発展、補強する、というスタイルをとっている。したがって、この本においても症例をまさしく「例」として捉えるのではなく、むしろ症例が考え方そのものだ、という読み方をしないと、大事なことを読み飛ばしてしまう。虚心坦懐に読めばすらすら理解できるのかもしれないが、何かしら先入観を持った読み方はまずい、ということを三度目にして分かった。ラカンの入門書なのだから、むしろそのエッセンスを先にピックアップしてもらい、それを症例にあてていくというスタイルの方が私は好きなんだけども、たぶんこの本の形の方がラカンに近づくには正しいのだろう。つまり腑分けされたラカンでなく、生きているラカンに近いんだろうなあ。
 長々と書きましたが、そういうことでラカンに寄り添って読んでみたけど、うまく言葉にできないです。というか、ラカンの思想は「言葉」がポイントだと言うことですけどね。引き続き『ラカン』(フィリップ・ヒル)を読んでみます。
2007年03月18日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『現代小説のレッスン』のつづき。

 今まで考えてきたことは、どうして小説とそれ以外の散文(批評とか評論とか思想の本とか・・・)は書き分けられなければならないのだろうか、ということだった。それはフィクションとノンフィクションの違いだ、という答えではないだろう。評論だって仮説をもとに論理を構築していくことはきっとフィクショナルな作業だろうし、逆に事実を書き連ねた小説というのも存在する。ノンフィクションというジャンルにしても、小説と近似なものは大量にある。
『現代小説のレッスン』を読み気がついたのは、まさに時間の存在であって、小説には時間が流れ、評論には逆に時間は排除されるということだろう(保坂和志の章を参照)。たぶん評論については時間は不必要で、むしろあってはならないもので、極端に言えば数行で文章すら終わってしまうことが望ましいのだろう。ある結論、提示したい主題が存在し、それを従前に提示するために論理を駆使する文章。だから主題さえ提示されればよい。しかし小説は違うのだ。たぶん。保坂和志に代表されるように、小説のかたち、つまり単一の言葉ではなく様々な人たち、描写、そういった要素が並列に存在しながらコミュニケーション(コミュニケーションできない、というコミュニケーションもあるだろう)を深めていき、それが時間によって変化する。そのダイナミズムなりを作者そして読者が総体として感じる。それが小説なんだろうなあ、と思った。
 私は自身が小説を書くときがあるのならば、いかに「小説」らしい小説でなくするか。それを考えていて、ひとつの方法として漠然とながらも、評論みたいな小説を書きたいと思っていたのだが、それはそれでかなり仕掛けをつくらないとこの時間の問題をクリアできないだろう。
 
2007年03月15日 | Comment:0 | TrackBack:1 | | | Top↑ |
『現代小説のレッスン』石川忠司
 この本はすでに出た当初(一年半くらい前?)に読んでいたはずだった。だけどあまり記憶がない。だいたい読み方が適当なんだけど、石川忠司自体をほとんど知らなかったので、大したことのないやつと勝手に決めつけてぱらぱらと村上春樹のところだけ拾い読みしたんだと思う。この間読んだ『極太!!批評家列伝』がとてつもなく面白かったので、再読してみることにした。
 ところで、梅田望夫のブログでアランの『定義集』について書いている部分が、私の読書のしかたに自信を持たせてくれるものだった。
 
僕はこれまでにたくさんの本を読んできたが、内容を記憶するという習慣がなく、そのときどきの人生における喫緊の問題に何か指針を得たいという一心で、そのときどきの自分が欲している信号を求めてさまようような読書をしてきた。精読して知を溜め込むということにはいっさい興味がなく、生きるために飲む水を求めるような読書と言えば近いだろうか。アラン「定義集」も過去に何度か読んだが、その内容を記憶していないため、読み返すたびにかえって新鮮だ。学者先生たちの本の読み方と、我々市井の人間の本の読み方は全く違っていてよいものだ、といつも思う。記憶には残っていなくとも、生きるうえで強く影響を受けることができれば、それで十分だ。
(2006/2/28)

 たぶん、この間読んだときはそれほどのどが渇いていなかったんだろう。もしくは水を飲む準備ができていなかった。

 で、『現代小説のレッスン』だが、小説についてうすうす思っていたことを言語化してもらっているという実感。簡単にキーワードだけ記しておく。
・物語(共同性、話し言葉)から近代小説(孤独、書き言葉)に変わっていったことでストーリーだけでは薄すぎるので、
・次の三つの新たな言葉の位相がストーリーに付け加える必要が求められた
1.内言、内省
2.思弁的考察(感想)
3 描写
・ただ、上の三つが余計になってきた。どう扱うかが現代小説。
・村上龍は「ガイド」の行動が描写になることで描写のうっとうしさを回避している
・保坂和志は小説のかたちで思弁的考察を行っている
・内言のエンターテイメント化について舞城王太郎はうまくいっていないんじゃないの
・村上春樹はメランコリーから殺人を捏造していた
・水村美苗の『本格小説』は神の視点を持つ語り手の煽情性からの感動=資本主義的感動
 
 時間の扱い方、というより時間の共有というものが小説の感動みたいなものを与えるのだろう、と最後の水村美苗の評論でわかった。一ばん力が入っていると感じた部分だ。ただ、時間の共有にあたってはたぶんそうとうな仕掛けみたいなものがないとうまくはいかない。日本語の「ペラさ」を常に自覚しつつ、小説の中でのうっとうしさを避けつつ、豊かな時間を味わう・・・これはかなりむずかしいなあ。私は適当に、簡単にまとめているけど。
2007年03月14日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
『あらゆる場所に花束が・・・・・・』中原昌也
 中原昌也という人を知ったのはたぶん三島賞の受賞前後のことで、福田和也やらがすごいと言っていたのを見てぜったい読むもんか、とたぶん決めてしまったのでした。支離滅裂、意味不明、というのがおそらく当時の評判で、いわゆるJ文学の旗手的な扱いだったのもたぶん気にくわなかった。
 ただ、高橋源一郎が何度も中原昌也に言及し、『ニッポンの小説』でも現代で小説というジャンルを書く可能性を持っているという意味でのキーパーソンとしているものだから、とうとう読むことにした。
 読んでみたが、それほど過激であるわけでもなく、支離滅裂といえるものでもない、ただとても風通しがよい、と思った。これはたぶん石川忠司的に言う唯物論的な小説だからに違いない。内面みたいなものはたぶんあるんだけど、同時に常に行動(話し続けたり)しているからうっとおしくないんだろうなあ。じめじめしてない。手触りはむしろ蓮實重彦の『陥没地帯』に似ている。モチーフが変奏され反復されていくところなんかが。
 結局文学とか小説っていうのは「これが小説だ」とか決めつけちゃうともう運動が失われてしまうんでしょう。ひととき私自身がそうでした。小説らしい小説、文学界の制度への奉仕、みたいなのはやっぱりごめんだな。今更ながらもう少しラディカルに行きたいものです。『ニッポンの小説』を手がかりにしつつ、また少し小説については考えてみたい。
 ところで解説の渡辺直巳はたぶんすばらしいことを書いているんだと思う。だけど読みづらい。何でいつもこの人はこんなに読みづらいんだろうか。単に相性が悪いんでしょう。すみません。
 
2007年03月13日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
読んだ本 『極太!!思想家列伝』石川忠司 ちくま文庫  本を読みたくなる評論。ぐいぐい来ました。  評論の対象となっていた中で私が知らない(読んだことがない)もので、読みたくなったのは  ・ゴーゴリ『狂人日記』  ・井伏鱒二『へんろう宿』『掛持ち』『りんどうの宿』  ・宮崎市定(調べてみると論語関係の本やらが出ているみたい) といったところか。  永井均『これがニーチェだ』に続いて読んだ。たまたまだったけど、ニーチェとの近縁性を感じた。ついでにいうとその前に読んだのが斎藤環『生き延びるためのラカン』。人間が言語により宿命づけられている存在だという視点はラカン。更に言うと、言語の問題ではその前に読んだ池谷裕二『進化しすぎた脳』とも絡んでいる。うまく整理したいけど、できないな。頭が悪い。キーワードは ・言語 ・ニーチェ ・唯物論 ということになる。これはゆくゆく整理して考えるけれど、とりあえず言語についてじっくり考えつつ次の本を読みます。  しかしこの本、とてもグルーヴ感があって、行っちゃってます。自分が文章を書くきっかけになる本だという気がしてます。
2007年03月11日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。